ページ

Ensemble Da Capoについて

Ensemble Da Capoは、2013年1月に結成した混声合唱団です。
「常に初心を忘れずに」、そして「いつでも帰ってこられる場所」という意味を込めて、<Da Capo>と名付けられました。
メンバーは20代~30代で、都内をはじめ、埼玉や神奈川からも集まっています。
曲のジャンルを限定せず、宗教曲から邦人曲、黒人霊歌やJazzまで、幅広く取り組んでいます。
2013年9月に1st.Concertを開催、10月に小金井市民文化祭に出演しました。
2014年3月には「勝尾香ソプラノリサイタル」に出演させていただき、オペラの合唱曲にも初挑戦しました。
一回一回の音楽に真剣に向き合い、メンバー同士で高め合うことのできる場であること、そして、いつも和やかであたたかい合唱団を目指しています。




常任指揮者〜conductor〜   白井 智朗  Chiaki SHIRAI
 

東京学芸大学B類音楽科声楽専攻卒業。声楽を横山和彦、辻村成子の両氏に師事。大学卒業後、日本合唱協会に入団。また、在学中より Combinir di Corista に所属し、松村努氏の下で合唱指揮の研鑽を積む。下野竜也氏、カスパルス・プトニンシュ氏のマスター・コースを受講。
2012年、モスクワ音楽院夏期講習に参加。合唱指揮をアレクサンダー・ソロヴィエフ氏に師事し、修了演奏会に出演。
2014年~2015年、Asia Pacific Youth Choir に参加し、世界合唱シンポジウム、ミラノ万国博覧会、世界合唱博覧会などに出演。第5回若い指揮者のための合唱指揮コンクール第3位、同時にエルヴィン・オルトナーによる副賞、モデル合唱団賞を受賞。現在、神奈川と東京の合唱団で指揮・指導に当たるほか、オーケストラの指揮にも活動の場を広げている。東京学芸大学附属国際中等教育学校非常勤講師。合唱人集団「音楽樹」会員。




ピアニスト〜pianist〜  野中 和沙  Kazusa NONAKA

石川県出身。東京学芸大学教育学部中等教育教員養成課程音楽科卒業後、同大学大学院修士課程教育学研究科音楽教育専攻修了。今村雪世、石橋史生、助川陽子各氏に師事。2011年いしかわミュージックアカデミーマスタークラス受講。現在、小学校教諭を勤める傍ら、演奏等の活動も精力的に行っている。